純米酒「肥田城」

特産品
01 /06 2016
前に、2011年12月に、このブログで、稲枝ゆかりの酒をいくつか紹介させていただきましたが、

今回は新しく、稲枝ゆかりの酒を紹介します。

(なお、稲枝ゆかりの酒は、右の月刊アーカイブの2011年12月をご覧ください)

彦根市肥田町の農業組合法人ファーム肥田が生産した米日本晴を使った純米酒「肥田城」です。

まちおこしに繋げようと取り組んで3年目だそうです。

室町時代に高野瀬氏により築かれた肥田城に因んで「肥田城」と名付けられています。

純米酒 肥田城・・・米生産者 農業組合法人ファーム肥田 [醸造元:(株)岡村本家]

P1040825.jpg


なお、肥田町は、古墳、城、村という3つの事象で同じ地域空間に歴史遺産が残っている地域

でもあります。

この歴史文化に触れ、或いは思いを寄せながら、このお酒を嗜まれるのもいかがでしょうか。

以下肥田町の歴史文化について参考

冊子:肥田町郷づくり委員会発行 肥田町歴史ロマン・ロードめぐり表紙
P1040821.jpg

同上     マップ
P1040822.jpg

冊子:彦根城博物館発行 肥田の古墳・城・村ー大地に刻まれた記憶ー  の表紙
P1040823.jpg



スポンサーサイト

新海町に農産物加工直売所オープン!!

特産品
07 /15 2013
 今般(7月13日)、彦根市新海町のびわ湖畔に近い湖周道路沿いに、農産物加工直売所

「あす ぱらだいす しんがい」がオープンしました。

 この「あす ぱらだいす しんがい」は、地元の民間会社が運営するもので、とれたての野菜

や農産物の加工品の直売コーナーの他、休憩所も設置されています。

 今後、道の駅としての整備や農家レストラン等の建設も計画されているようであり、

彦根市稲枝地区の新たな交流拠点として、また、農業振興の拠点として期待されます。

以下、オープンセレモニーやその外観の様子です

P1030230.jpg  P1030231.jpg

P1030232.jpg  P1030233.jpg









稲枝ゆかりの酒

特産品
12 /29 2011
私は、お正月に、いろんなお酒を飲むのを楽しみにしています。

今回は、稲枝地区にゆかりの酒(言わば稲枝の地酒?)を調べてみました。

稲枝地区には、残念ながら造り酒屋はありませんが、米どころ稲枝地区で生産された

米で造られたお酒や、稲枝地区の生産者や酒店等が醸造元と提携して造られたお酒が

いくつかあります。

今回、他にもあるかもしれませんが、実際手に入れたものを紹介します。

特別本醸造 荒神山・・・販売元:澤 正太酒店(本庄町)〔醸造元:増本籐兵衛酒造場〕

P1010445.jpg

純米酒 楽々・・・米生産者:彦米酒の会 販売元:澤酒店〔醸造元〔株)岡村本家〕

P1010447.jpg

本醸造 富鶴・・・販売元:北村酒店(稲枝町)〔醸造元:愛知酒造〕

P1010448.jpg

本醸造原酒 琵琶の神龍・・・生産者:下石寺生産組合(石寺町)〔醸造元:多賀(株)〕

P1010449.jpg

厳選素材純米酒・・・生産者:稲枝酒粕米部会(稲枝地区全域)〔醸造元:月桂冠(株)〕

P1010451.jpg

これで当分のお酒が確保できましたので、この年末年始の休みから正月の間にじっくり
味わいたいと思います。

みなさん(お酒の好きな方は)も、この稲枝の地域に思いを寄せながら、
嗜まれてはいかがでしょうか。
 

稲枝地区まちづくり協議会

彦根市稲枝地区まちづくり協議会です。

彦根市稲枝地区の振興や活性化を推進或いは提案しようと活動しています。