稲枝地区駐在所の統合と工事について

地域づくり
07 /01 2017
このブログも立ち上げてから、6年が経過しました。
引き続き、宜しくお願いします。

まず、最近のニュースから思うこと
・今、タカタの民事再生法の申請に伴い、タカタ発祥の地稲枝でも
大きな動揺が生じています。地域の雇用や経済に大きな混乱が
生じないように願うばかりです。

・また、本日(7月1日)の報道では、数年来からの懸案の
彦根愛知犬上の広域ごみ処理施設の候補地が愛荘町・竹原に決定
したと報じられています。
この候補地を巡っては、この稲枝地区でも、過去2度、地盤の問題や
地元の反対等で断念された経過もあり、今回5地域の応募地から
決定されたことに、手続きや公開性に若干疑問はあるものの、
今回の決定を厳粛に受け止め、詳細な経過は不明ですが、
今後スムーズに進展するように望みたいものです。
 (なお、候補地の決定、選定経過報告については、彦根愛知犬上広域
行政組合のHPにもアップされています)

・さて前置きが少し長くなりましたが、稲枝地区の駐在所の統合と工事
について記しておきます。

昨年までの要望活動で示された基本方針として

・稲枝北駐在所を稲枝東駐在所に統合、稲枝北駐在所は廃止する
・稲枝東駐在所は2名体制とする
・平成29年度内に実施
以上については、この3月発行のまちづくり協議会だより第9号でも報告された
ところです。

○先般、彦根警察署より、具体的な日程の示されましたので、報告しておきます。

工事日程
  ・この9月から翌2月末まで稲枝東駐在所のリフォーム工事
   この間の業務は、稲枝西駐在所で行う
 
  ・稲枝北駐在所の解体工事は、平成30年度に実施
   従って、平成29年度末までは、従来のまま
  
  ・平成30年度からは、稲枝東駐在所に業務を移す
   (1人は住み込み、1人は通勤)
  
  ・名称は、「稲枝東駐在所」とする

※なお、まもなく、彦根警察から正式に回覧でお知らせが予定されています。
スポンサーサイト

笑顔であいさつ・プラスONE運動

地域づくり
06 /08 2017
皆さんは、笑顔であいさつ・プラスONE運動をご存知でしょうか?

これは、社会福祉協議会が中心となって昨年策定された

稲枝地区住民福祉活動計画

つもごやかにがおでふれあう稲枝)に基づき

ふだんから顔と目を合わせてコミニケーションを深めようの

一環で今年度から取り組まれている活動です。

既に各町の掲示板等にポスターが掲示されていますが、改めて、

ここでもアップしておきます。

「おはよう」等のあいさつのあとにひとことをプラス。

あなたの町の笑顔をもっと増やしましょう !


       以下、運動推進のポスターです。

       IMG_20170608_0003.jpg


(参考までに住民福祉活動計画を再掲)
IMG_20160603_0001.jpg 

IMG_20160603_0002.jpg

IMG_20160603_0003.jpg

市長選が終わって

地域づくり
04 /26 2017
4年に一度の彦根市長選挙も終わりました。
以下、管理人の個人的な感想として、長くなりますが少し述べさせて
いただきます。
当協議会は、選挙に関して、委員個々人の活動・関与は別として、協議会の
性格上全体としてどの候補を支持するということはなく、状況を注視してきまし
たが、大久保貴候補が引き続き市政を担当されることになりました。
但し、投票結果から見ると、批判票も多かったのではないかと思われます。
大久保市長2期目の市政の課題は、大規模なプロジェクトに財政的にどう
対応していくかになろうかと思われます。

ところで稲枝地区は昭和43年彦根市と合併して来年で50年になります。

こうした局面にありましても、直前の自治会長会での大久保市長の意思表明
にもありましたように、稲枝地区としては、長年の懸案であった稲枝駅の新駅舎
は完成したものの、稲枝駅西口へのアクセスは未完成であり早急な整備が必要
であり、更に選挙の争点でもあった彦根市の南北格差を解消する市南部地域の
振興策の樹立実施、稲枝駅周辺整備の早期完成、更には、稲部遺跡の保存・
活用と関連文化施設の整備等にしっかりと取り組んでいただくよう改めて
お願いしておきたいと思います。
そして、稲枝地区が彦根市と合併してまあまあ良かったかなと実感できるように
してほしいものものです。

以下、投票率についての愚痴的な感想です・・・
それにしても、今回の市長選の投票率はいかがなものでしょうか、
39,16% ! !
前回(H25,4月)が41,82%、更に今回・・・
同日行われた大都市名古屋市長選の投票率に近い・・・
身近な稲枝地区に限っても、前回48,97%が今回は35,84%と大幅
に低下 !(管理人市のHPからの資料を独自に分析)
この低投票率は、彦根市民の政治に参加する意識が相当低いとしか言いようが
ありません。
争点の分りにくい選挙であったことを差し引いても、また投票所の激減等が背景
にあるのかもしれませんが、市長以下、議員、選挙関係職員等がこの原因を
しっかり分析し、早急に対策を考えてほしいものであります。
このままでは、県下でも彦根市民はわが町の政治に最も無関心ということになり
かねません。
併せて、市民一人一人が、誰がなっても市政が変わらないということではなく、
一票を投ずるという、市政に参画する意識が、市政の運営に緊張をもたらす
ことを認識すべきように思うのですが・・・

少し長くて申し訳ありません。
※なお、参考までに2016,7,5の記事も併せてご覧いただければ幸いです。

 

ひょうたん展示会

地域づくり
03 /23 2017
先にお知らせしましたように、本日から、恒例のひょうたん展示会が、稲枝地区

公民館で開催されています。

今回も、すばらしい、立派な作品の数々が出品されています。

今回も、もちろん地元稲枝北小学校の児童の作品も出品されています。

以下、展示の様子の一部です。
P1060219.jpg

P1060211.jpg  P1060212.jpg

稲枝北小学校児童の作品
P1060213.jpg  P1060218.jpg

P1060214.jpg  P1060216.jpg

P1060217.jpg

なお、この展示は、3月26日(日)午後2:50分まで開催されています。

是非、ご鑑賞ください ! !




ワカモノが語る移住のホンネ !

地域づくり
03 /14 2017
彦根デザイン・カレッジ荒神山キャンパスでは、今回、「ワカモノが語る移住の

ホンネ」と題して座談会が開催されます。

近年荒神山周辺の地域でも少子高齢化が進行し、若い世代の移住が求められて

います。 一方で、若い世代の間では、「地元回帰」ブームの兆候があり、

Uターン・Jターンが増えつつあります。

しかしながら、受け入れ先地域では移住者の受け入れ態勢の整備や

生業の創造が推進されていないのが現状です。

このイベントでは、滋賀に移住してきたワカモノをゲストに招き、移住者の

ホンネをワカモノ視点で語っていただき、移住者が地域に求めているものや、

受け入れ地域の課題について意見交換しようとするものです。

移住を受け入れたいと考えている地域、どうしたら移住を促進できるか

悩んでいる地域の方々等移住に関心のある方、参加してみてはいかが

でしょうか。

日 時 : 3月18日(土) 15:00~

場 所 : 彦根市石寺町1283 ほほえみハウス

申 込 : 滋賀県立大学地域共生センター
       0749-28-9851  担当水野

以下、案内のチラシです。
IMG_20170314_0007.jpg  IMG_20170314_0008.jpg

※なお、彦根デザイン・カレッジ荒神山キャンパスについては、
右のリンク集からアクセスしてみてください!


また、毎月実施されております里山再生ワークショップの参加案内も
併せてアップしておきます。
  IMG_20170314_0006.jpg



稲枝地区まちづくり協議会

彦根市稲枝地区まちづくり協議会です。

彦根市稲枝地区の振興や活性化を推進或いは提案しようと活動しています。