青い目の人形

学校
06 /29 2012
 皆さんは、野口雨情の童謡「青い眼の人形」(大正12年作曲)はよくご存知だと

思いますが、昭和初期にアメリカから送られた「青い目の人形」とは直接関係が無い

ようです。

 ここでは、「青い目の人形」のことに触れたいと思います。

 大正末期、アメリカで排日運動が高まった時(中国を巡っての政治的緊張の高まり、

 排日移民法の制定など)、この世情を危惧した在日アメリカ人宣教師シドニー・

 ギューリック博士が提唱して親善活動が行われました。その一環として、「子ども

 から文化交流を」と昭和2年にアメリカから12.700体もの人形が届けられました。

 人形には、1927年(昭和2年)のひな祭りを視察するという目的を記したパスポート

 等が添えられていました。この青い目の人形は、全国各地の小学校等に配られ、盛大

 な歓迎を受けたようです。

 しかし、その後太平洋戦争下で、敵性人形として多くの人形が処分されてしまいました。

 そうした中。処分を忍びなく思った人々が人形を密かに隠し、戦後になって学校等で

 発見されました。

 現存する人形は、現在、全国で300余体にすぎません。

 滋賀県内では、平野小学校、甲南第2小学校、日野小学校、そして我が地域の稲枝北

 小学校
の4体であります。


 稲枝北小学校の人形は、昭和40年頃その存在が確認されていましたが、数年前に

この青い目の人形であることが判明したものであります。

 全国で発見されている人形は、服装が変わったり、人形の一部が壊れていたり、パス

 ポートが紛失したりと不完全な状態のものが多い中、稲枝北小学校の人形は、当時の

 木箱、パスポートやギューリック博士からの手紙、人形の説明書等が現存しており、

 ほぼ完全な状態で保存されています。

 この人形の名前は、マリオン・エル・シュナイダーといいます。

 因みにこの人形は、野口雨情の詩にあるセルロイド製ではなく、ビスクドール

(素焼き)と思われます。

 ところで、先般6月24日、県内に残っている4体の人形が、甲賀市で開催された

シンポジウムに招待され、同窓会をしたという新聞記事がありました。


 この人形の現存は、当時、人形に罪はないと考え、誰かが隠したのではないかとか、

 戦時下に敵国から送られた人形を守るには、さまざまな葛藤があっただろうと推察

 されます。

 我々は、この人形を残してくださった地域の先人の想い、歴史に思いを寄せ、

次代の子ども達にもその意味を大切に伝えて行くことが求められているのではない

でしょうか。

人形の入っている木箱


 P1010879.jpg

人形 マリオン・エル・シュナイダー

P1010880.jpg

パスポート・説明書等

P1010882.jpg  P1010883.jpg
  




スポンサーサイト

稲盆2012

稲盆
06 /21 2012
今年も、第3回稲盆8月12日(日)に開催される予定です。

現在、実行委員会でその内容が協議されていますので、その詳細が決定されましたら、

お知らせします。

みずほ文化センター「のこぎりコンサート」の案内

みずほ文化センター
06 /14 2012
 先に案内させていただきました「サタキハヂメ のこぎりコンサートWITHフレンズ

ハヂメからえがおを」の公演が近づいてきましたので、再度案内させていただきます。

 サタキハヂメ氏は、昨年度芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞した、のこぎり演奏の

若手第一人者で、現在様々な音楽シーンで注目され、今後益々その活躍が期待されて

います。

 
 ぜひあなたも 笑いと感動の世界へ

 皆さんも、この機会に、珍しいのこぎり演奏を鑑賞されてはいかがでしょうか。


 日 時 : 6月24日(日)14:00(開演)13:30(開場)

 場 所 : みずほ文化センター

IMG_0002_20120424015243.jpg  IMG_0003_20120424015242.jpg

 

福祉講座

地域づくり
06 /11 2012
 6月10日(日)みずほ文化センターにて、稲枝地区社会福祉協議会主催の「稲枝地区

福祉講座」が開催され、各自治会役員、老人会、婦人会のリーダーおよび各種団体の

リーダー等350人が参加しました。

 今回は、「東日本大震災に学ぶ、地域のつながりと減災への備え」と題して、

滋賀県立大学準教授鵜飼修氏の講演がありました。

(講演概要は以下の内容であっと思われます。皆さんの関心が高い課題でもあります
ので記述します)

〇 東日本大震災の概要

〇 防災から減災へ
    地震は自然のメカニズムで凄まじいもの
    防ぐことには限界あり

    被害を少なくする減災が大切
    
   (参考)稲枝地区で想定される被害
       建物の倒壊
       塀の倒壊
       液状化
       火災 等

〇減災のために何をすればよいか・・・地域での対策
 
 ・自分たちの地域を見直す・危険を予測する
    自主防災組織、防災マップの作成と共有、要援護者の把握等

 ・被災後の生活・復興のイメージづくり

〇これらの対策だけでなく、もっと根本的に大切なものがある

 それは、つながりの再生・創造である

    時間とのつながり ・・・歴史に学び、未来を考える

    人と人とのつながり・・・相互扶助、時代の変化

    人と自然のつながり・・・大地、気候風土、生活文化

    地域診断法    ・・・鳥の目、虫の目、科学の目
                多様な側面で地域を総合的に捕らえること

  この実践の事例として、宮城県南三陸町田の浦地区での取り組みを紹介

〇 自分の地域で、つながりの再生を!! 
       それは未来への義務でもある


以下、福祉講座の一コマです。

福祉講座24年度 023  福祉講座24年度 026

福祉講座24年度 033  P1010877.jpg



  

ガンバレ!! 小谷優介選手

体育スポーツ
06 /07 2012
ロンドン五輪が近づいてきました。

陸上競技では、その代表選手の最終選考大会である、日本陸上競技選手権大会が

あす6月8日(金)から3日間、大阪(長居陸上競技場)で開かれます。

もちろん我が地域の代表である小谷優介選手(住友電工)も、男子100Mに出場予定

です。

現在標準記録B(10,24)を突破し、資格記録10,21を持っている小谷選手、

五輪出場を目指して大いなる活躍が期待されます。

なお、この大会の模様はテレビ(NHK他)でも放送される予定です。


皆んなで我が地域の代表 小谷優介選手の活躍を応援しましょう。

ガンバレ小谷優介選手!!

お田植え祭

地域づくり
06 /03 2012
6月3日(日)彦根市本庄町で彦米酒(げんまいしゅ)の会による、「みんなで楽しむ

田植え祭」
が行われました。


彦米酒の会は、地元の酒店・農業生産者・酒造会社等が集まって、田植え・稲刈り・酒造り

を通じて農業を考えようと10数年前から始まったものです。

今年は、初めて地域の方に広く参加を呼びかけ,田植え祭りが行われたものです

以下その様子の一部です.

まず、当日の朝刊に折り込まれた案内のチラシ
田植え案内

午前中の男田植え祭り
P1010859.jpg  P1010860.jpg

P1010861.jpg  P1010864.jpg

午後からの屋台村
P1010866.jpg  P1010867.jpg

P1010869.jpg  P1010868.jpg

P1010870.jpg  P1010872.jpg

このように一日大勢の人で賑わいました。
子どもたちにとっても楽しい一日だったと思われます。

こうした取り組みが秋の収穫にも、さらには毎年続くといいですね。

稲枝地区まちづくり協議会

彦根市稲枝地区まちづくり協議会です。

彦根市稲枝地区の振興や活性化を推進或いは提案しようと活動しています。