愛知川河畔林整備体験 竹細工作りと野草の天ぷらを食べよう¦

愛知川
02 /27 2013
 このブログでも何回か紹介していますが、愛知川右岸河畔林の会は、愛知川の河川敷に

広がる河畔林の環境をよくするため、住民と行政が協働して活動されています。

 今般、第19回イベントとして、「愛知川河畔林整備体験 竹細工作りと野草の天ぷらを食

べよう¦
」が開催さfれます。

日 時:平成25年3月16日(土)午前9時~12時頃まで

場 所:彦根市本庄町・愛知川河川敷(葉枝見端上流側)

問い合わせ先:愛知川右岸河畔林の会事務局 湖東土木事務所 河川砂防課
                             0749-27-2248

以下その案内です。

IMG_20130227144325.jpg  IMG_0001_20130227144326.jpg

愛知川や河畔林のことを知り、河畔林を楽しむ絶好の機会かと思います。

皆さん、参加されてはいかがでしょうか



スポンサーサイト

「青い目の人形発表会」

学校
02 /23 2013
 本日、2月23日(土)、稲枝北小学校では、PTA教育講演会として「青い目の人形発表会」が

開催されました。

この青い目の人形については、このブログで2012.6.29でも紹介しておりますの

で併せてご覧ください


青い目の人表は、1920年ごろ、移民問題などで悪化した日米関係を改善しようと米国人

宣教師が全米に呼びかけて12、700体の人形を作り、日本の全国各地の小学校に届けた

ものです。当時は歓迎されましたが、太平洋戦争が始まると敵国の人形として壊されたり、

焼かれたりしたといいます。

 しかし、「人形に罪はない」と地域の人々の優しさで保存されていた人形もあり、現在

全国で320体が確認され、県内では4体が残っていることが確認されています。

 その4体の一つが、稲枝北小学校のマリオンちゃんであります。

 以前から学校に人形があることは関係者の間では知られていたようですが、2008年の

井伊直弼と開国150周年祭の年に本物の「青い目の人形」であることが確認されています。

 昨年6月、県内の4体の人形が初めて、一同に会して同窓会をする等新聞にも取り上げら

れました。

 今回の青い目の人形発表会は、そうしたことをこの北小学校の子ども達や地域の方にも

広く知ってもらおうと初めて企画されたものと思います。


以下、本日の発表会の様子です

内容として、1、本校の「青い目の人形」についての発表

      2、「甲南のメリーちゃんの朗読劇や歌」でした。


まず、主催者の挨拶
P1020479.jpg


1、北小学校6年生3人による、本校の「青い目の人形」についての発表
P1020481.jpg P1020484.jpg

P1020485.jpg P1020487.jpg

            P1020494.jpg


P1020492.jpg P1020493.jpg

 地域学習で調べたことや歴史等について詳しく発表し、また今後への提言もしてくれました。

稲枝北少の青い目の人形マリオンちゃんのお披露目
P1020491.jpg


熱心に聞き入る保護者や地域の人達
P1020489.jpg


そして、2、「NPO邦人 甲南文化 輝き」の皆さん及び「日野町お話パズル」の皆さんによる
ミュージカル「青い目の人形 港南のメr-ちゃん」等の朗読劇や歌


P1020495.jpg P1020497.jpg

P1020498.jpg P1020501.jpg

P1020504.jpg P1020506.jpg

 子どもたちは、地域の先輩の思いや歴史に触れ大変貴重な経験をしたものと思います。

 そいて、私たちは、この人形を残してくださった先人の優しさ、思いを誇りにするとともに、

次代に伝え、これからも大切にし、そして「優しさ」や「命」について考えていきたいものです。


















稲枝地区まちづくり協議会

彦根市稲枝地区まちづくり協議会です。

彦根市稲枝地区の振興や活性化を推進或いは提案しようと活動しています。