幼児向け人形劇

みずほ文化センター
06 /30 2014
みずほ文化センターの催しの案内です。

今年も京芸の幼児向け人形劇おもしろげきじょうがやってきますよ。

とき じかん:7月27日(日)14:00~(開場13:30)

ところ    :みずほ文化センター

以下、案内のチラシです。

    IMG_0002_20140630122542239.jpg

   親子で幼児向け人形劇を楽しまれてはいかがでしょう!
スポンサーサイト

大型ヨット乗船体験

青少年
06 /26 2014
青少年育成協議会では、今年も「大型ヨット乗船体験」の参加募集をされています。

日 時:7月26日(土)8:30~ 松原港

募集人員:40名

申込先:稲枝地区公民館   申込締切:7月10日(木)

以下募集のチラシ

           IMG_20140626190850121.jpg

 真夏の太陽を浴び涼やかに湖面を走るヨット!
  湖上から、彦根城・荒神山・そしてふるさと稲枝を観てみませんか!!

稲村かるたオリエンテーリング

学校
06 /18 2014
5月23日(金)、稲枝北小学校では、第24回稲村かるたオリエンテーリングが実施かれました。
稲村かるたオリエンテーリングは、創立100周年を記念して作成された「稲村かるた」をもとにして、
郷土の歴史や文化に学び、郷土を愛する心を育てることを目指して始まったも今年で第24回を
数えることになりました。
この活動は、全校児童が12のグループに(縦割り)に分かれて、地図を見ながら、それぞれの
ポイントで地域の先輩から説明を聞き、さらに美化活動やゲームをするものです。
他の学校でも、地域学習を実施されているとは思いますが、実施から、少し時間が経過しましたが、
小生管理人も初めて全行程にボランテイアとして参加し、感銘を受けましたので、遅ればせながら
その模様をアップしておきます。
(今年は、下岡部町、上岡部町、上石寺町、下石寺町方面です)

稲村かるた
P1030750.jpg

コース地図
P1030753.jpg P1030754.jpg


開会式・安全指導
P5230109.jpg P5230111.jpg

学校内の青我の池
                       ( 参考: 以下関連の稲村かるたを紹介)
P5230115.jpg> P1030756.jpg

下岡部運動場でのゲーム
P5230119.jpg

屋中寺跡
P5230121.jpg P5230124.jpg
P1030755.jpg

稲村神社
P5230127.jpg P1030757.jpg

蓮池広場
P5230129.jpg P1030758.jpg
頑張って歩く児童たち
P5230131.jpg


干拓記念碑
P5230134.jpg P1030759.jpg

下石寺分教場
P5230136.jpg P1030760.jpg
湖岸道路・石寺湖岸での清掃活動・児童集会
P5230140.jpg P5230146.jpg
P5230148.jpg P1030761.jpg

 子供たちにとっては、しんどく疲れたけれど、忘れられない行事だったと思います。

 ボランテイアの皆さんご苦労様でした。















 

福祉講座

地域づくり
06 /18 2014
6月14日(土)、14:00からみずほ文化センターにて稲枝地区福祉講座が開催されました。

稲枝地区各班から、多くの関係者が参加され、ほぼ満席でした。

以下、その概要です。

開会セレモニー
26,年度福祉講座 017

参加者の様子
26,年度福祉講座 026

今年のテーマは「台風18号を振り返る~地域で取り組む防災・減災~」です。

基調講演 防災基礎講座 講師 龍谷大学社会学部特任教授 岡野英一さん
・京都府南部地域豪雨記録集(H24,8,13/14)(宇治市)の教訓
 以下レジュメより要約

・「災害福祉」という考え方
  ○社会的に排除される人々や社会的に孤立しがちな人々を、行政など公的機関や民間団体
    などが協力して把握する取り組み
  ○災害時の救援や防災・災害後の復興と生活再建において、最も厳しい状況に置かれている
    人々を顧みることなしに、地域防災・地域福祉が実のあるものとなりえない
・災害福祉の取り組み
  ○災害要援護者のニーズの把握
  ○効果的な援助仕組みをつくりあげる
・災害と福祉の接点
  ○平常時からの防災ネットワークづくり
  ○災害と共生する地域社会の在り方を考える
・災害に強く、福祉に満ちたまちの条件
  ①災害福祉に必要な条件
   ・隣近所での助け合いができている
   ・いざというときに、「助けよう」という気持ちが働く
   ・用配慮者への気配りが自然にできる「つながり」がある
  ②安心して住める地域の条件
   ・普段から住民同士の関係が良く、だれもが声をあげられる風通しの良さ
   ・住民が地域への愛着や心意気を持っている
   ・住民が地域特性など災害リスクを知っている
   ・外部に対しても開放的である
   ・周囲の里山や水路がしっかり管理されている
   ・内外との連絡手段が複数整備されている・・・等々を説明

 26,年度福祉講座 042

引き続き、シンポジウムがあり、甲賀市より、民児協の立場及び社協の立場からの報告、
彦根市より危機管理の立場からの報告、そして地元稲枝地区からは愛知川沿いの本庄町
の自治会の立場からの報告等がありました。

 26,年度福祉講座 047 26,年度福祉講座 049
 
 26,年度福祉講座 051 26,年度福祉講座 068

 我々の地域も、今以上に、お互いに、“ ありがとう“ をいいあえるまちにしたいものですね。





稲枝地区福祉講座

福祉
06 /05 2014
稲枝地区社会福祉協議会主催の「稲枝地区福祉講座」の案内です。

日 時 : 6月14日(土)午後2時から

場 所 : みずほ文化センター 多目的ホール

 誰もが住み慣れた地域で、安心して暮らせるまちづくりをめざして開催される福祉講座です。

 今回は、地域で取り組む防災・減災がテーマのようです。

 皆さんお誘い合わせの上、ご参加ください。

以下、案内のチラシです。

       IMG_20140605110240c6a.jpg

水土里ふれあい体験

地域づくり
06 /03 2014
水土里ネット愛西(愛西土地改良区)では、水土里ふれあい体験の参加者を

募集されています。

と き : 6 月 15日(日)10:00~12:00

ところ : 彦根市薩摩町 水土里ふれあい農園


 大自然の中で農に親しみ、とっておきの時間をすごしてみませんか!


以下参加者募集のチラシです。
   
   IMG_2014060322331581d.jpg

稲枝地区まちづくり協議会

彦根市稲枝地区まちづくり協議会です。

彦根市稲枝地区の振興や活性化を推進或いは提案しようと活動しています。