民泊・農村体験をやってみませんか

地域づくり
02 /05 2014
農村体験(民泊)をやってみませんか。

農村体験(民泊)とは、都会の小中学生が修学旅行等で、農村の一般家庭に宿泊し、田舎暮らしを
体験する取り組みです。普段とは異なる生活、農作業などを通じて、受け入れ先である家庭との
心の交流行うことを目的に、彦根市では昨年25年から受け入れが始まりました。
昨年穂、この稲枝地区で7家庭が受け入れをされました。

大変評判が良かったのか、下記のチラシの通り、今年度は、4月、5月、6月と3回彦根市を訪れる予定です。

市では、いま、その農村体験(民泊)の受け入れ家庭を募集しています。

以下、その受け入れ家庭の募集のチラシです。

      IMG_20140205173132302.jpg

都会のこども達と交流でき、またこの稲枝地域を知ってもらう、絶好の機会でもあります。

受け入れてもいいでーとお考えの方、受け入れてやろうという方、或いはもう少し詳しく聞きたいと

いう方、余り型苦しく考えないで、積極的に、彦根市役所産業部農林水産課地産地消係

TEL 0749-30ー6118
までお問い合わせください。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

稲枝地区まちづくり協議会

彦根市稲枝地区まちづくり協議会です。

彦根市稲枝地区の振興や活性化を推進或いは提案しようと活動しています。