FC2ブログ

新海浜のハマエンドウ・ハマゴウ

地域づくり
05 /31 2014
新海浜のハマエンドウを見に行ってきました。

ハマエンドウの開花は、残念ながら終期ということで多くは見られませんでしたが、

少し見られました。

また、ハマゴウの開花は8月ごろということで、ハマヒルガオの最盛期でした。

彦根市の新海浜に自生するハマエンドウは、県の絶滅危惧種、ハマゴウは、

絶滅危惧増大種で、本来海浜稙物でありますが、琵琶湖で自生して独自の進化を

遂げてきたものだそうです。

長年その保護に取り組んできた地元のメンバーや住民の努力の甲斐あって

この3月県のふるさと滋賀の野生動植物との共生に関する条例の生育地保護区に

指定されました。

本来海浜植物であるハマエンドウ・ハマゴウがなぜ淡水の琵琶湖岸に生息するかについては、

古代湖である琵琶湖の環境の変化に関係するようであります。

このようなロマンある植物が地元にあるって、素晴らしいことではないでしょうか。

これからもこの環境を大切にしていきたいものですね。

ハマエンドウの開花

P1030739.jpg P1030740.jpg
P1030741.jpg

ハマヒルガオの群生

P1030727.jpg P1030728.jpg
P1030729.jpg

ハマゴウの現況

P1030730.jpg  P1030731.jpg

群落生育地保護区の看板

P1030735.jpg  P1030734.jpg
(看板内の写真より)
ハマゴウの写真
P1030737.jpg  
ハマエンドウの写真
P1030738.jpg
来場者に説明する世話人の宇野さん
P1030732.jpg

(以下、参考までに)
朝日新聞の記事(2014.4,18)
IMG_20140531125417dc4.jpg 
県の「 新海浜ハマゴウ・ハマエンドウ群落生育地保護区の概要」
IMG_0001_20140531125441214.jpg













スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

稲枝地区まちづくり協議会

彦根市稲枝地区まちづくり協議会です。

彦根市稲枝地区の振興や活性化を推進或いは提案しようと活動しています。