FC2ブログ

福祉講座

地域づくり
06 /18 2014
6月14日(土)、14:00からみずほ文化センターにて稲枝地区福祉講座が開催されました。

稲枝地区各班から、多くの関係者が参加され、ほぼ満席でした。

以下、その概要です。

開会セレモニー
26,年度福祉講座 017

参加者の様子
26,年度福祉講座 026

今年のテーマは「台風18号を振り返る~地域で取り組む防災・減災~」です。

基調講演 防災基礎講座 講師 龍谷大学社会学部特任教授 岡野英一さん
・京都府南部地域豪雨記録集(H24,8,13/14)(宇治市)の教訓
 以下レジュメより要約

・「災害福祉」という考え方
  ○社会的に排除される人々や社会的に孤立しがちな人々を、行政など公的機関や民間団体
    などが協力して把握する取り組み
  ○災害時の救援や防災・災害後の復興と生活再建において、最も厳しい状況に置かれている
    人々を顧みることなしに、地域防災・地域福祉が実のあるものとなりえない
・災害福祉の取り組み
  ○災害要援護者のニーズの把握
  ○効果的な援助仕組みをつくりあげる
・災害と福祉の接点
  ○平常時からの防災ネットワークづくり
  ○災害と共生する地域社会の在り方を考える
・災害に強く、福祉に満ちたまちの条件
  ①災害福祉に必要な条件
   ・隣近所での助け合いができている
   ・いざというときに、「助けよう」という気持ちが働く
   ・用配慮者への気配りが自然にできる「つながり」がある
  ②安心して住める地域の条件
   ・普段から住民同士の関係が良く、だれもが声をあげられる風通しの良さ
   ・住民が地域への愛着や心意気を持っている
   ・住民が地域特性など災害リスクを知っている
   ・外部に対しても開放的である
   ・周囲の里山や水路がしっかり管理されている
   ・内外との連絡手段が複数整備されている・・・等々を説明

 26,年度福祉講座 042

引き続き、シンポジウムがあり、甲賀市より、民児協の立場及び社協の立場からの報告、
彦根市より危機管理の立場からの報告、そして地元稲枝地区からは愛知川沿いの本庄町
の自治会の立場からの報告等がありました。

 26,年度福祉講座 047 26,年度福祉講座 049
 
 26,年度福祉講座 051 26,年度福祉講座 068

 我々の地域も、今以上に、お互いに、“ ありがとう“ をいいあえるまちにしたいものですね。





スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

稲枝地区まちづくり協議会

彦根市稲枝地区まちづくり協議会です。

彦根市稲枝地区の振興や活性化を推進或いは提案しようと活動しています。