ベゴニアのフラワーポット

青少年
05 /30 2015
稲枝駅周辺には、毎年春と秋に「ベゴニア」や「ビオラ」フラワーポットが設置されていろのを

ご存知でしょうか。これは、稲枝中学航の生徒と青少年育成協議会の役員で植栽したフラワー

ポットを設置し、稲枝駅利用者の心の安らぎと自転車の放置や不法駐輪の帽子を呼びかける

取り組みです。

本日(5月30日)春の花苗の植え付け作業に中学生の地域参加と社会活動への体験の場として、

協力協力していただきました。

以下、その様子です。
  土つくりと土入れ

P1030981.jpg  P1030987.jpg

P1030982.jpg

 植栽

P1030983.jpg  P1030985.jpg

P1030989.jpg  P1030990.jpg
 
 稲枝駅周辺に設置されたフラワーポット

P1030993.jpg  P1030994.jpg

P1030995.jpg  P1030998.jpg

P1030997.jpg

なお、植栽後の水やり作業にも駅前近くの中学生6人が交代で当たってくれるそうです。











スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

稲枝地区まちづくり協議会

彦根市稲枝地区まちづくり協議会です。

彦根市稲枝地区の振興や活性化を推進或いは提案しようと活動しています。