FC2ブログ

荒神山まちづくりシンポ

荒神山
10 /17 2011
先にこのブログでも案内しましたように、荒神山古墳の国史跡指定を記念して、

自然と歴史・文化が豊かな荒神山周辺地域のまちづくりについて考える

「ぐる~っと荒神山まちづくりシンポジウム」が、10月15日(土)彦根市

南地区公民館で開催されました。

参加者は80名程で、我が稲枝地区からも荒神山周辺の自治会のリーダー等20名程

参加されました。

以下その概要の抜粋です。

第1部 基調講演

「大學・学生との連携によるまちづくり」講師:鵜飼 修氏 滋賀県立大學准教授


・まちづくりは継承すること
  本質を見極め未来につなぐこと

・そのための3つのポイント
  ①地域を知ること

    ・・・地域診断法の紹介

  ②地域資源の活用

  ③活動の継続
・コミュニテイ・ビジネスの創造

・石寺町での集落ステイ、古民家改修、太鼓登山への参加、たんぼアート等の紹介

・地域連携にかかる県立大学の取り組みの紹介

P1010196.jpg


第2部事例報告から

1,「荒神山とその周辺に眠る文化財」彦根市教育委員会文化財部長谷口徹氏

・荒神山の文化財
 
 ①荒神山古墳・・・古墳時代前期末4世紀末 県下2位の規模等

 ②荒神山古墳群・・・古墳時代後期山中に30基以上

 ③古墳から寺院へ・・奈良腹時代以降 天台系山岳寺院 奥山寺 荒神山神社

                            延寿寺 千手寺 唐崎神社等                          

 ④城と砦・・・戦国時代 日夏城跡 石寺城跡 荒神山城跡等

・荒神山周辺の文化財
 
 山崎山城跡

 肥田城跡

 巡礼街道 → 下街道 → 朝鮮人街道 等の紹介

2,荒神山周辺資源の観光活用について 谷澤孝治彦根市産業部観光振興課長から
  荒神山周辺観光資源等開発業務報告書からの観光ピログラムの可能性について,
また、

3,荒神山周辺の過去・未来について 成宮祐二中南部まちづくり協議会会長から
  活動内容の報告等がありました。

第3部パネルデイスカッションは、時間的にも限られましたが、

・荒神山周辺の」まちづくりについて、さらに行政、大學、地域住民の連携が必要

・荒神山周辺まちづくりについて、プロジェクト的なものを作ってほしい等の意見が出されました。

P1010203.jpg



・荒神山は今後彦根市南部地域の振興にとって大きなポテンシャルを持っていす。
 
 今後、さらに荒神山周辺のまちづくりについて議論が高まり、具体化していくことが

望まれます。
 
              




スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

稲枝地区まちづくり協議会

彦根市稲枝地区まちづくり協議会です。

彦根市稲枝地区の振興や活性化を推進或いは提案しようと活動しています。