新海浜の松

未分類
01 /16 2012
年末のブログで、稲枝地区の印刷された門松の取り組みを紹介しましたが、
正月明けの11日頃に、その趣旨(荒神山や琵琶湖岸の若松の保護)にも
反する大変残念な行為が判明しました。

新聞各紙でも取り上げられていましたので、ご存知かと思いますが、琵琶湖の
景観を守ろうと地元の団体で植樹され見守られている、新海浜の樹齢7~8年の
黒松の10本程度が何者かにより無惨にも(おそらく門松用に?)先端から
切除されていたということです。

湖岸の松も少なくなりつつある中で、未来に緑の松並木を残そうと取り組まれて
いる活動に逆行する、全く許されない行為です。
自然を守ることは長い年月の粘る強い取り組みが必要ですが、一人でも不心得
な者がいると簡単に破壊されます。
我々みんながお互いに、もっともっと自然を大切にする意識を高めていくことが、
大切なのではないでしょうか。

P1010502.jpg  P1010503.jpg
切除された黒松の若木

P1010504.jpg
新海浜の松並木と荒神山




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

稲枝地区まちづくり協議会

彦根市稲枝地区まちづくり協議会です。

彦根市稲枝地区の振興や活性化を推進或いは提案しようと活動しています。