FC2ブログ

あなたの街の歴史探訪

歴史
05 /23 2015
5月23日(土)、稲枝地区公民館で彦根城博物館出前講座 あなたの街の歴史探訪が

開催されました。

今回のテーマは、愛知川の歴史とセレクト文化財「薩摩・善照寺の阿弥陀三尊来迎図

です。

まず、講座の案内チラシです。

   IMG_20150523_0001.jpg

以下に、講座で紹介された概要(管理者の理解の範囲?)を記しておきます。

○ 愛知川の歴史

 Ⅰ 愛知川によって形づくられた稲枝地区の地形・景観
  1、 源流:鈴鹿山脈の御池岳・藤原岳、御在所岳・雨乞岳 全長48Km
                    野洲川65Kmに次いで県内第2位
  2 移動する流路
    氾濫によって流路が変わる。
    愛知川の旧流路は、愛智郡と神崎郡の郡境
    流路が変わったのは、16C中葉と推定?
         →現在の稲枝地区の地形の基礎は、愛知川によって形作られた。
Ⅱ 江戸時代より以前の愛知川
    愛知川の名称は、文献では、1001年に発出?

Ⅲ 江戸時代の愛知川の維持管理
   ・江戸時代の河川・水利灌漑施設の維持管理・・・川除普請の仕組み

   ・藩における河川支配・・・川除奉行の変遷

Ⅳ 水害と愛知川河原争論
   1、愛知川の水害
     古来より災害頻発
     1809(文化6)の国領村の被害
   2、愛知川河原争論
     3度の大争論
     彦根藩領の村と郡山藩領の村との対立
     京都町奉行の裁許等

 ○愛知川は、地形や集落の位置など、稲枝地区の社会や歴史、風土の最も根底部分を基底
   愛知川は、多くの恵みをもたらすものであると同時に洪水などの危険を招くものであった。
   愛知川河原争論のような悲劇も生じ、地域経済にも大きく影響した。
   愛知川の利用と制御は、稲枝地区の人々にとって、ずっと地域の課題でありつづけてきたし、
  今後も課題である。  と講師の渡辺恒一は結ばれた。

○セレクト文化財
  「薩摩・善照寺の阿弥陀三尊来迎図」
 ・真野山善照寺  彦根市薩摩町
             浄土真宗本願寺派
             古くは天台宗、1471年に真宗に改宗
 ・阿弥陀三尊来迎図の歴史

 ・善照寺の阿弥陀三尊来迎図の説明
   昭和56年 彦根市指定文化財に指定
   絹本
   縦83,2cm 横36,7cm
            鎌倉後期の通例の特色
            浄土真宗改宗以前のものではないか
            現在は彦根城博物館管理
            桧皮葺の建物内に人物が描かれており、この人物のために製作された可能性

 以上、偶然に参加できた講座であったが、数十名の参加者があり、郷土の歴史、文化財の学ぶ
ことができて有意義なひと時でありました。

以下、その様子です。
 愛知川の歴史
DSC03107.jpg DSC03113.jpg

DSC03110.jpg DSC03126.jpg

セレクト文化財 {薩摩・善照寺の阿弥陀三尊来迎図」
DSC03133.jpg DSC03134.jpg
DSC03142.jpg







            

   

歴史探訪ウオーク 本庄町・田附町を歩く

歴史
11 /07 2014
彦根市教育委員会文化財課主催の「彦根歴史探訪ウオーク 本庄町・田附町を歩く」

案内です。

日 時 :11月16日(日)受付午後1時、開始ギ後1時30分から同4時

集合場所:本庄町ふれあいセンター前駐車場

見学場所:久留美神社。本庄城跡、本庄町の町並み、八幡神社、田付城跡など

以下、案内のチラシです。

s-IMG_20141107_0001.jpg

s-IMG_20141107_0002_20141107133615fb9.jpg
 

「城でたどる 信長天下統一への軌跡~佐和山から安土まで~」

歴史
09 /24 2014
今般、全国城サミットIN彦根・彦根城フェス実行委員会主催の講演3回シリーズ

佐和山から安土まで 城でたどる信長天下統一への軌跡が開催されます。

以下、案内のチラシです。

IMG_0001_20140924150300cb7.jpg


第1回 「城でたどる 信長天下統一への軌跡~佐和山から安土まで~」
      

      信長が天下統一を目指す道のりのなかで、岐阜へも半日、京都へも半日で行ける
      という好立地であることから安土の地に城を築いたといわれている。
      岐阜から近江に入り、最初に居城とした「佐和山城」
      近江の拠点として整備した「安土城」
      そして、街道沿いに、佐和山・安土間の中継点して、重要な機能を与えた「山崎山城」
      これら3つの城は、信長の戦略上重要な機能を担っていた。信長が天下統一を果たす
  まで、それぞれの城が担った役割が解説されます。

  日 時 : 10月11日13:30~(開場13:00)

  場 所 : 稲枝地区公民館(彦根市本庄町60)

以下、10月11日分のチラシです
           IMG_0002_20140924150301440.jpg


・第2回 「近江の要 佐和山上から見る湖国の山城」
  
  日 時 :11月16日(日)13:30~

  場 所 :佐和山会館

・第3回 「佐和山城跡フィールドワーク」

  日 時 :11月23日(日)8:30~

  場 所 :佐和山城址

以上、いずれも有料で事前申し込みが必要ですが、歴女のみならず、地域を知る上で、
大いに参考になる企画かと思います。皆さんこぞって参加されてはいかがでしょうか。

問い合わせ:申込:彦根商工会議所0749-22-4551
            NPO法人ひこね文化デザインフォーラム0749-23-3383

秋の荒神山ウオーク「荒神山と山崎山」

歴史
09 /17 2014
秋の荒神山ウオークー織田信長の歩いた近江戦国の道ー「荒神山と山崎山」

案内です。

山崎山とその周辺の遺跡を巡り歩きます。

日 時 :10月26日(日)雨天決行
                10:00~16:00(受付9:30)
集合場所:荒神山自然の家

申込・問い合わせ:彦根市荒神山自然の家(749-28-1871)

以下案内のチラシです。

IMG_201409170941324b0.jpg  IMG_0001_20140917094134baf.jpg

近江戦国の歴史に触れ、体力づくりを兼ねて参加してみませんか。

歴史探索ウオーク『本庄町・出路町・彦富町」を歩く』

歴史
09 /11 2014
彦根市教育委員会文化財課主催の歴史散策ウオーク『本庄町・出路町・彦富町を歩く』

案内です。

愛知川流域の本庄町・出路町・彦富町に焦点を当て、地域に残る町並みや風景、中世城館や

石造宝塔などの文化財を巡りながら、彦根の歴史を再発見するものです。

日 時 : 9月21日(日)午後1:00~4:00

場 所 :集合場所 稲枝支所駐車場

      見学場所 川桁神社・本泉寺・彦富神社・彦富城跡・朝鮮人街道・来迎川

参加費 :100円

申込・問い合わせ先 : 彦根市教育委員会文化財課(0749-26-5833)

身近な地域の歴史を再発見してみませんか。

なお、本ウオークの案内は、彦根市教育委員会のHPをご覧ください。
チラシは、特に無いようです。

稲枝地区まちづくり協議会

彦根市稲枝地区まちづくり協議会です。

彦根市稲枝地区の振興や活性化を推進或いは提案しようと活動しています。